fastlaneでiTunes Connectへのアップロードを自動化する方法

iOSアプリにfastlaneを導入し、iTunes Connectへのバイナリアップロードを自動化する方法をまとめておきます。

fastlaneに関してとインストール方法はこちらの記事で紹介しました。
またfastlaneで、Crashlytics Betaにバイナリをアップロードする方法もこちらで紹介しています。
まだ読んでいない方は、是非読んでみてください。

fastlane/Fastfile

本記事では、iTunes Connectにバイナリをアップロードしてみます。

既に上記コードがfastlane initコマンドで、Fastfileに記述してあるかと思います。
そのため、以下のコマンドを実行すればiTunes Connectへバイナリアップロードすることができます(簡単すぎる!)。

ちなみに、forceの意味はこちらです。
trueを設定すると、htmlレポートを出力せずにバイナリをアップロードします。

これでiTunes Connectへバイナリをアップロード作業が自動化できました。
またメタデータやスクリーンショットもgit管理することができました!

fastlaneで快適開発ライフを送りましょう!

fastlaneでCrashlytics Betaアップロードを自動化する方法

iOSアプリにfastlaneを導入し、Crashlytics Betaにアップロードする方法をまとめておきます。

fastlaneに関してとインストール方法はこちらの記事で紹介しました。
まだ読んでいない方は、是非読んでみてください!

fastlane/Fastfile

Fastfileでは、fastlaneで行いたい作業を記述します。
本記事では、Crashlytics Betaにバイナリをアップロードしてみます。
まずFabricの設定からAPI KeyとBuild Secretを取得しておきましょう。

before_allで環境変数に設定します。

fastlane/Fastfileに以下のコードを追加します。

上記のコードを追加することで、fastlaneでcrashlyticsコマンドを実行できるようになります。

これでバイナリをCrashlytics Betaにアップロードすることができます。

Release Notesにコミットメッセージを追加

せっかくなので、Betaにアップロードする際にコミットメッセージをRelease Notesに追加したいと思います。

「開発して、Crashlytics Betaにアップロードして、テスターに配布する」が自動化できました!
これでデバッグ作業やテスターへの配布作業が格段に楽になりました。

こちらにfastlaneのサンプルがたくさんあるので参考にしてみてください!
fastlaneを使って、iTunes Connectへバイナリをアップロードする方法はこちらの記事でを紹介しています。
fastlaneで快適開発ライフを送りましょう!

fastlaneの導入

iOSアプリにfastlaneを導入したので、手順ををまとめておきます。

fastlaneについて

Web: https://fastlane.tools
Github: https://github.com/fastlane/fastlane
fastlaneはiOS/Androidアプリのリリース作業を自動化してくれるツール群です。
iOSアプリの申請作業を行う際、手動でのバイナリアップロード作業が毎回面倒だと感じでいたため、導入することにしました。
自動化することでケアレスミスも防止できます。
またメタデータやスクリーンショットをgit管理できるようになるので、変更履歴の管理も可能になります(←これが本当に便利です)

fastlaneのインストール

Gemで公開されているので、gemコマンドでインストールしました。

fastlaneの初期化

アプリプロジェクトのルートディレクトリで、fastlane initコマンドを実行することで雛形を作成してくれます。

Apple ID, App Identifier,などが聞かれるので、答えましょう。
コマンド実行が完了すると、fastlaneディレクトリが作成されAppFile・Fastfile・README.mdが作成されます。
既存アプリの場合、iTunes Connectからメタデータとスクリーンショットをダウンロードしてきてくれます。
簡単にgit管理できるようになるので、とてもありがたい!

fastlane/Appfile

fastlane/Appfileには、Apple IDやApp Identifierの情報が記述されています。
単一アプリの場合、特に編集することはないかと思います。
ターゲットが複数あるアプリの場合は、編集する必要そうです。

fastlane/Fastfile

fastlaneで行いたい作業を記述します。

これでfastlaneのインストールは以上で完了です!
fastlaneで快適開発ライフを過ごしましょう。