fastlaneでCrashlytics Betaアップロードを自動化する方法

Pocket
reddit にシェア

iOSアプリにfastlaneを導入し、Crashlytics Betaにアップロードする方法をまとめておきます。

fastlaneに関してとインストール方法はこちらの記事で紹介しました。
まだ読んでいない方は、是非読んでみてください!

fastlane/Fastfile

Fastfileでは、fastlaneで行いたい作業を記述します。
本記事では、Crashlytics Betaにバイナリをアップロードしてみます。
まずFabricの設定からAPI KeyとBuild Secretを取得しておきましょう。

before_allで環境変数に設定します。

fastlane/Fastfileに以下のコードを追加します。

上記のコードを追加することで、fastlaneでcrashlyticsコマンドを実行できるようになります。

これでバイナリをCrashlytics Betaにアップロードすることができます。

Release Notesにコミットメッセージを追加

せっかくなので、Betaにアップロードする際にコミットメッセージをRelease Notesに追加したいと思います。

「開発して、Crashlytics Betaにアップロードして、テスターに配布する」が自動化できました!
これでデバッグ作業やテスターへの配布作業が格段に楽になりました。

こちらにfastlaneのサンプルがたくさんあるので参考にしてみてください!
fastlaneを使って、iTunes Connectへバイナリをアップロードする方法はこちらの記事でを紹介しています。
fastlaneで快適開発ライフを送りましょう!

Pocket
reddit にシェア