App Storeでのレビューに返信

App Storeのカスタマーレビューへ返信できるようになりました。
https://developer.apple.com/library/content/documentation/LanguagesUtilities/Conceptual/iTunesConnect_Guide/Chapters/ImprovingCustomersExperience.html#//apple_ref/doc/uid/TP40011225-CH27-SW1

iTunes Connect > アプリ > アクティビティ > 評価とレビュー
から各レビューに対して返信することができるようになっています。

users with the Legal, Admin, App Manager, or Marketer role may reply to and edit responses to customer reviews on your App Store product page.

Legal, Admin, App Manager, Marketer の権限を持つユーザーのみ、返信することができるので注意しましょう。

Important: Responses and edits will show as pending until they display on the App Store. This can take up to 24 hours. All edited responses will have a notation that it has been edited. Responses will only be visible on the App Store for iPhone and iPad on devices running iOS 10.3 or later and OS X 10.6.6 for App Store for Mac.

返信にはPending状態があり、約24時間後にApp Storeに表示されるようになるらしいです。

 

Requirements for apps in Japan.

2017/02/23にAppleから新しい通知が来ました。
詳細:https://itunespartner.apple.com/en/apps/news/79920317

日本で有料アプリやIAPを提供するアプリは、コンタクト情報を記載するサポートリンクをアプリ内に表示することが必須となりました。
販売者名・住所・コンタクト情報などのをサポートページで表示する必要があります。

個人開発者にとって、名前と住所を公開しないとなると、かなり敷居が高くなるように感じます。

BeatsX買ってみた

先日、発売されたBeatsXを買ってみた

BeatsXは、AppleとBeatsが初めてコラボしたイヤフォンです。
iPhone7からイヤフォンジャックがなくなったこともあり、ワイヤレスイヤホンが注目されています。

付属されているものは、イヤホン本体・複数サイズイヤーピース・Beatsオリジナルシリコンケース・Apple Music3ヶ月文のシリアルコードなどなどが含まれています。

BeatsXはAppleが開発したW1チップを搭載しているため、iPhoneとの接続がめちゃめちゃ楽!

Beats製のイヤホンなため、低音もとても良い!
またカナル型(耳栓のような耳にフィットするタイプ)のイヤホンなため、外部の音も全く気になりません。

個人的には、BeatsX買って良かった!
ぜひ、みなさんも見てみてはいかがでしょうか

fastlaneでiTunes Connectへのアップロードを自動化する方法

iOSアプリにfastlaneを導入し、iTunes Connectへのバイナリアップロードを自動化する方法をまとめておきます。

fastlaneに関してとインストール方法はこちらの記事で紹介しました。
またfastlaneで、Crashlytics Betaにバイナリをアップロードする方法もこちらで紹介しています。
まだ読んでいない方は、是非読んでみてください。

fastlane/Fastfile

本記事では、iTunes Connectにバイナリをアップロードしてみます。

既に上記コードがfastlane initコマンドで、Fastfileに記述してあるかと思います。
そのため、以下のコマンドを実行すればiTunes Connectへバイナリアップロードすることができます(簡単すぎる!)。

ちなみに、forceの意味はこちらです。
trueを設定すると、htmlレポートを出力せずにバイナリをアップロードします。

これでiTunes Connectへバイナリをアップロード作業が自動化できました。
またメタデータやスクリーンショットもgit管理することができました!

fastlaneで快適開発ライフを送りましょう!

fastlaneでCrashlytics Betaアップロードを自動化する方法

iOSアプリにfastlaneを導入し、Crashlytics Betaにアップロードする方法をまとめておきます。

fastlaneに関してとインストール方法はこちらの記事で紹介しました。
まだ読んでいない方は、是非読んでみてください!

fastlane/Fastfile

Fastfileでは、fastlaneで行いたい作業を記述します。
本記事では、Crashlytics Betaにバイナリをアップロードしてみます。
まずFabricの設定からAPI KeyとBuild Secretを取得しておきましょう。

before_allで環境変数に設定します。

fastlane/Fastfileに以下のコードを追加します。

上記のコードを追加することで、fastlaneでcrashlyticsコマンドを実行できるようになります。

これでバイナリをCrashlytics Betaにアップロードすることができます。

Release Notesにコミットメッセージを追加

せっかくなので、Betaにアップロードする際にコミットメッセージをRelease Notesに追加したいと思います。

「開発して、Crashlytics Betaにアップロードして、テスターに配布する」が自動化できました!
これでデバッグ作業やテスターへの配布作業が格段に楽になりました。

こちらにfastlaneのサンプルがたくさんあるので参考にしてみてください!
fastlaneを使って、iTunes Connectへバイナリをアップロードする方法はこちらの記事でを紹介しています。
fastlaneで快適開発ライフを送りましょう!

fastlaneの導入

iOSアプリにfastlaneを導入したので、手順ををまとめておきます。

fastlaneについて

Web: https://fastlane.tools
Github: https://github.com/fastlane/fastlane
fastlaneはiOS/Androidアプリのリリース作業を自動化してくれるツール群です。
iOSアプリの申請作業を行う際、手動でのバイナリアップロード作業が毎回面倒だと感じでいたため、導入することにしました。
自動化することでケアレスミスも防止できます。
またメタデータやスクリーンショットをgit管理できるようになるので、変更履歴の管理も可能になります(←これが本当に便利です)

fastlaneのインストール

Gemで公開されているので、gemコマンドでインストールしました。

fastlaneの初期化

アプリプロジェクトのルートディレクトリで、fastlane initコマンドを実行することで雛形を作成してくれます。

Apple ID, App Identifier,などが聞かれるので、答えましょう。
コマンド実行が完了すると、fastlaneディレクトリが作成されAppFile・Fastfile・README.mdが作成されます。
既存アプリの場合、iTunes Connectからメタデータとスクリーンショットをダウンロードしてきてくれます。
簡単にgit管理できるようになるので、とてもありがたい!

fastlane/Appfile

fastlane/Appfileには、Apple IDやApp Identifierの情報が記述されています。
単一アプリの場合、特に編集することはないかと思います。
ターゲットが複数あるアプリの場合は、編集する必要そうです。

fastlane/Fastfile

fastlaneで行いたい作業を記述します。

これでfastlaneのインストールは以上で完了です!
fastlaneで快適開発ライフを過ごしましょう。

iPhone7を待たずに手に入れる方法

Apple Storeで予約すると2〜3週間待ちのiPhone7 32GB(一番安くて、一番手に入れづらい)モデルがどうしても欲しくなった。
前日の夜に思いつき、次の日には手に入れる方法があったので、共有しちゃいます!

iPhoneには当日予約というものが!
https://reserve.cdn-apple.com/JP/ja_JP/reserve/iPhone/availability?channel=1
Apple公式のものです

毎朝8時に店舗の在庫状況が更新されます。
一番手に入りづらい32GBのモデルでしたが、当日予約できちゃいました。
時間指定で予約できるため、並ぶ必要もありません!

どうしても新しいiPhoneが欲しいという方は試してみては

【リアルタイム実況】随時更新!Apple Special Event 2016-09-07

2016-09-07にあるApple Special Eventのリアルタイム実況をします。
発表中に随時更新していきます。

楽しみです!

日本時間で、2016-09-08 2時から開始です。

なぜか車の中からスタートしました!笑
2016-09-08-2-02-34

Apple Musicがアップデートします
2016-09-08-2-07-05
Apple Musicフェスを行うそう。10周年のイベントらしいです
2016-09-08-2-07-50

次はApp Storeです。
140billionダウンロード
ゲームは50万アプリがApp Storeにあります。

App Storeにマリオが!!
2016-09-08-2-13-23
Super Mario RunがiOSでリリースされます
片手でとても簡単に遊べます。
ゴーストによって、どこにいたか、どこでコインを取得したかでゲームできます。
iMessageのステッカーをリリースされます。
2016-09-08-2-16-38

App Storeにすでにありました。
https://appsto.re/jp/pp4qeb.i

次は教育です。
ConnectEDを支援するそうです
Swift Playgroundが実際に秋から導入されます。

iWork
ドキュメント系のソフトウェア。
リアルタイムコラボレーションができる。
Pages, Keynote, Numbersです。
接続状況もわかる。
Mac, iPad, iPhone, Webから使え、みんなで編集できます。

次はApple Watch
WatchOS 3のリリース。
インスタントラン、Docks、Watch faces、クイックアクセスやMessageなどが変わります。
Breathe、SOS機能なども追加されます。

ポケモンGoがApple Watchにきます。
カロリーや、近くのポケポンがわかります。
ポケモンが出てきたら、グランスが起動します。
ポケストップでアイテムもゲットできます。
たまごの孵化も見れます。

Apple Watchシリーズ2の動画が流れます。
水泳やサーフィンができる防水になりました。
Swim Workoutも追加されます
2016-09-08-2-36-08

2nd-gen SiP、Dual Core、GPUにより、50%早くなりました。
2nd-gen displayにより、画面の明るさが2倍になります。
Build-in GPSになります。
2016-09-08-2-46-57

セラミックの白いApple Watchが出ます。
エルメスからも新しいアクセサリーが出ます。

ナイキとのApple Watch、Apple Watch Nike+が出ます。
2016-09-08-2-50-26

次は、iPhoneです!
1000,000,000 sellingだそう
iOS 10は、The biggest iOS release ever
HomeKit

Messagesが新しくなります

iPhone7が出ます!
動画では、ボディーが黒そう
jet blackとblackの2種類の黒色が出ます。
グロッシーとマッドです。
ゴールド、シルバー、ピンクも引き続き出ます。
http://www.apple.com/jp/iphone-7/

HomeボタンにMacのタッチパッドTapticエンジンが搭載されます。

IP67の防水防塵になります。防水待ってました!
2016-09-08-7-44-07

2016-09-08-7-44-26

2016-09-08-7-45-28

カメラの性能も上がります。
マシーンラーニングにより、写真もより綺麗に見れます
100billion operations, in 25millisecondsで処理されます。

iPhone7 Plusのカメラはレンズが2つになります。
zoom featureにより、10倍まで画質そのままでズームできます
Sneak Peek
マシーンラーニングにより、人を検出し、背景にブラーをかけて、より美しい写真に仕上げます。
Live Previewもできます。
年末にアップデートします。

Retina HD display

オーディオに関して、ステレオスピーカーというものになります。
2倍大きくなり、より広域で聞けます。

Ear Pods
Lightningだけになり、ヘッドフォンはlightning接続になります。
アダプタをつければ、今まで通りのジャックで接続できます。

Wireless
Apple AirPodsでイヤフォンがWireless接続できます。
ダブルタップでsiriを起動でき、音声を取得できます。
24時間持つらしい
2016-09-08-3-31-55

Apple Pay
日本でもApple PayでFeliCa決済が可能になります。
10月下旬からSuicaなどで使えます。
2016-09-08-3-36-11
https://www.apple.com/jp/apple-pay/getting-started/
いろんなところで使える!(ただし、iPhone7,7Plus or Apple Watchシリーズ2に限る)

Performance
A10 Fusion
A9より40%, A8の2倍早くなります
グラフィックパフォーマンスも大幅に改善されます

電池持ちも改善されます
iPhone7 $649から
32GB, 128GB, 256GBのラインナップ
2016-09-08-3-47-59
iPhone7 Plus $768から
32GB, 128GB, 256GBのラインナップ
2016-09-08-3-48-40
US, UK, ChineでiPhoneアップグレードプログラムもある。
早く日本でも始まってほしいですね。
2016-09-08-5-42-49

iPhone7, 7Plusは、9月16日発売
予約は、9月9日からです
2016-09-08-5-43-30

2016-09-08-5-43-33

iOS10は9月13日から
2016-09-08-5-40-33

今回もApple Watchシリーズ2, iPhone7と盛り沢山な内容でした。
お疲れ様でした!

App Store Improvements

Appleから2016年9月2日深夜頃に、
App Store Improvements」という件名のメールが、皆さんの元にも届いたのではないでしょうか。

2016年9月7日からApp Storeに公開されている全アプリを、新しいApp Store Review Guidelinesで審査するというもの。
ガイドラインに違反しているアプリは、30日以内に修正しないとApp Storeから削除されてしまいます。
また起動時に即クラッシュしてしまうアプリは、すぐにApp Storeから削除されるようです。
アプリを消されたくない開発者の方(おそらく全員)は、今すぐに対応を始めましょう!
開始日は、2016年9月7日 です

またアプリ名は50文字以内という制限ができました。
これは新規アプリとアプリ更新時の検査なので、更新しない既存アプリには関係ありません。
が、アプリ名を長くしているアプリがある開発者は気を付けましょう。

詳しくは以下のURLから
https://developer.apple.com/support/app-store-improvements/

新しいApp Store Review Guidelinesが結構変わっているので、読んだら記事書きます!